洗顔石鹸のおすすめ商品をチェック

肌トラブルや肌質に合わせたソープを選択する事が効果的になります

洗顔石鹸で素肌美人を目指しましょう

特徴に合わせたランキングを公開

ランキング発表

洗顔石鹸はニキビ予防や解消、肌のしみやくすみの改善効果など各洗顔石鹸によって得意とする分野があります。
例えば敏感肌の方は特に肌に優しいVCOマイルドソ-プなどの洗顔石鹸を利用する事で、安心して日々のスキンケアに取り組む事が出来ますし、ニキビにお悩みの方にはニキビ対策を専門として作られた洗顔石鹸NonA(ノンエー)などもございます。
そしてしみ・くすみ対策には洗顔石鹸二十年ホイップが効果的!明るい肌を取り戻してくれます!
皆様のお肌のトラブルや肌質にあった洗顔石鹸を活用する事でより効果的に潤いとハリのある美肌へ近づくことが出来ます!
せっけん日和オススメの洗顔石鹸ランキングを是非ご覧ください。

区切り線

ランキングの各1位

ニキビ対策ランキング1位
nona

ニキビ対策の栄えある第1位に輝いたのはNonA!
ニキビに悩む方の為に作られたニキビ専門の洗顔石鹸です。

ニキビにさようなら、美肌よこんにちはユーザーの口コミ評判も非常に高く、思春期ニキビに悩む10代から大人ニキビに悩む中高年まで幅広い年代から支持されています。お客様相談室に寄せられた7万件の声から生み出されたニキビ対策のスペシャリストNonA。

当サイトでも実際にNonAを1ヶ月試して頂き、ニキビが治った方に密着した体験レビューも掲載していますので参考にしてください。

しみ・くすみ対策ランキング1位
二十年ほいっぷ

しみ・くすみ対策の栄えある第1位に輝いたのは二十年ほいっぷ!

くすみオフで本当のわたしを取り戻す!が売りの二十年ホイップは、あのモノマネメイクで有名なざわちんさんも愛用する、今注目の洗顔石鹸なんです。

くすみ、肌の明るさに注力した洗顔料で、女優さんを照らすライトが当たった肌のような、本当に明るい肌を取り戻す為の洗顔石鹸。しみやくすみにはズバリ二十年ほいっぷがおすすめ!二十年ホイップを1ヶ月試して毛穴の黒ずみが治った体験レビューも是非ご覧ください。

肌への優しさランキング1位
VCOマイルドソープ

肌への優しさランキングの栄えある第1位に輝いたのはVCOマイルドソープ!

敏感肌やアトピーの方でも安心して使える無添加、無香料・着色料・防腐剤・界面活性剤不使用の肌に優しい洗顔石鹸です。20~50代の女性300人に使用後のアンケートを取ったところ、5点満点で平均4.85点の満足度という圧倒的な評判!毎日お肌に直接使う洗顔石鹸は安心できるものが良いですよね。

そんな声に応えるVCOマイルドソープ。母乳成分が赤ちゃんのような生まれたてのすべすべ肌を実現してくれます。VCOマイルドソープでニキビやくすみが改善した体験談も掲載中です。

レビュー

洗顔石鹸を購入してみたいけれど実際に使った人の口コミやレビューが知りたいなぁ。そう思われた皆さん、せっけん日和にお任せください!

今回各洗顔料を1ヶ月間使用して頂きその過程に密着!
実際にしみやくすみ、ニキビは治ったの?泡の弾力やキメ細かさはどう?泡立ちは良い?洗顔後のつっぱりは?しっとりする?

そんな購入前に知りたい感想をズバリ突っ込んで伺って参りました!洗顔料選びの参考にしてくださいね♪

ニキビの進行段階・場所
顔にできるニキビの種類

顔に出来るニキビは成長段階で区別すると4種類に分かれます。
白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビの4種類、それぞれ適切な対処を取って消してしまいましょう!
さらにニキビが出来る場所でも5種類に分かれます。
口周りニキビ、頬ニキビ、鼻ニキビ、眉間ニキビ、Tゾーンニキビ。
個々の特徴をしっかり把握して、ニキビをしっかり治療しましょう!

区切り線

美肌作り

洗顔石鹸を使って肌トラブルを改善すれば美肌美人になれちゃいます!
個々のトラブルの特徴や対処方法を知ることでより効果的にスキンケア出来るようになりますよ。
美肌になりたいアナタ必見の情報満載です!

区切り線

使う上で役立つ知識

知識の項目

洗顔石鹸の効果を引き出すために知っておいた方が良い知識をまとめました。
洗顔フォームとの違いや、肌に合う洗顔の選び方、男性にも効果的なもの、保存方法など知っているだけで役立つ情報満載です。
是非活用してください。

お勧めする理由

4コマ漫画

どんなに高級な美容液を使っても、スキンケアの基本である洗顔が間違っていれば美しい素肌は作れません。肌トラブルでお悩みでしたら、毎日行う洗顔の見直しから初めてみませんか?

洗顔料には、洗顔フォームと洗顔石鹸の2種類があります。

通常の洗顔フォームは安価で購入できる反面、肌にとって刺激的で悪影響をもたらしてしまう界面活性剤を入れていたり、弱酸性で洗浄力が不足して、結果的にターンオーバーを乱して肌トラブルを招いてしまいます。

確かに泡立ちが良い、使用感が良い、クレンジングも同時に出来て楽などメリットを感じる方も多いとは思うのですが…先に述べた界面活性剤はお肌にとって必要な細胞間皮質まで落としてしまうため、どんどん保湿できなくなり、気が付いたら乾燥肌の悩みが深刻に…などという事も良く聞かれる話です。特にしっとり感を与えてくれたり、つっぱり感を感じない理由は界面活性剤で必要な皮脂を剥がし、そこに化学物質などで保湿などの効果を与える成分を送り込んでいるだけで、肌の健康にとっては逆に悪影響を及ぼしてしまっているのです。

一方、洗顔石鹸には界面活性剤や香料が入っていないため低刺激で、皮脂を落とし過ぎることなく洗浄することが出来ます。洗浄力に優れた界面活性剤は汚れを落とす事については確かに高い効果を発揮できますが、必要な皮脂まで取り去ってしまうので、お肌を保護する事が出来なくなり、肌を痛めてしまう事になります。

さらにpH(ペーハー)という酸性・アルカリ性を示す度合い(0~6が酸性、7が中性、8~14がアルカリ性)がアルカリ性のため、肌本来の力を取り戻し活性化させます。肌は弱酸性なのですが、アルカリ性の洗顔石鹸を使用する事で一時的にアルカリ性の状態になり、元の弱酸性に戻る働きをします。この作業で肌は本来の力を発揮し、健康な状態を維持しますが、弱酸性の洗顔ばかり使用していると行われなくなってしまうため、お肌が劣化し、不健康な状態になってしまうのです。

また洗顔後、化粧水や乳液、保湿クリームなどを付ける際にもその違いはハッキリ現れます。洗顔フォームを使うと洗い流しても完全には脂分などが取り切れないため、お肌がしっとりとしているように感じられるものの、乳液などを弾いてしまい、せっかくの美容成分も殆ど効果がなくなってしまいます。石鹸は洗い流した後洗顔フォームに比べてお肌がつっぱるような印象を受けるかもしれませんが、それはむしろしっかりと洗い流せている為で、この状態で化粧水などを使用するとお肌にスッと浸透していきます。ここまで説明させて頂いた通り洗顔フォームと比較しても様々なメリットがありますが、どれを使用しても万能に期待した効果を発揮するというわけではありません。

肌タイプや肌トラブルに合わせた洗顔選びをするよう心がけましょう。

おすすめ洗顔石鹸ランキング

ページトップへ戻る